村上豊彦と「ねこだいすき」

タイトルの「ねこだいすき」というのは、かつて某巨大掲示板で流行った縦読みの1つです。
あの頃と今とでは掲示板の雰囲気がかなり変わったと思いますが、今でもSNSやブログなどで上記の縦読みを試みている人は何人か知っています。
さて、ブームが起こっては廃れていく昨今のネット空間で昔から変わらず人気を集めているのは猫です。
いや、ネットだけに限られません。
ペットショップでも、猫のいるスペースには多くの人々(女性が多いですが男性も少し混じっています)が群がりますし、野良猫に対して定期的にエサやりをしている人々は昔からいます。
ただ、「猫は好きだけど触り方がよくわからない!」、「自分の猫ラブをどうブログで発信したらよいのだろう?」というのはよくあることなのではないでしょうか。
また、私事になりますが「村上豊彦さん(村上豊彦と呼び捨てにされることもあります)って、どうやったらそんなに毎日猫情報を発信できるのか」という質問を受けることがあります。
私の考えでは、自分の猫ちゃんだけでネタが不足してきた場合は、ほかの人から体験談を募集して、それに自分なりの考えを付け加えるとよいと思います。