お恥ずかしながら私は就職面接で毎回、落ちています。バイトの面接はあまり落ちたことがないのですが、社員の面接になると何故ダメなでしょうか。正直、自分でもわからないので面接をしていただいた方に聞きたいぐらいですね。今後の対策としては、やはり面接で落ちているのでそこは気をつけなくてはいけないなと感じています。今の所、筆記試験よりも面接で落ちています。もう一度、話し方や内容を見直そうと思います。

いつも面接で落とされています

就職活動で面接を受けると、必ずと言っていいほど落ちます。正直、自分の面接のやり方が間違っているとしか思えないのですが、どこを直していいのか正直今悩んでいます。筆記は意外と得意なのですが、面接になると頭が真っ白になってしまうのです。せっかく受ける会社の事を調べて、それにそった話をしているつもりなのですが途中で忘れてしまうのです。この態度は、会社からしてみるとどこでもいいから受けたのだと思われます。私自身、就職活動に悩んでいるせいか自分のやりたい仕事とはなんだろうと思っているのもいけないのかもしれませんね。もう一度、これからの自分がどういう方向性で頑張っていきたいのかを見つめ直さなくてはいけないのかと思っています。友人に話すと、面接に落ちたのは私に合わなかっただけだから、次頑張れば良いと言ってくれます。お世辞でも嬉しいです。悩んでいる時は、いつも友人は力になってくれますね。

落とされる理由について、自分で考えてみる

就職面接に挑んでも結構、私は落とされます。どうしたら面接に合格出来るのかを考えてみましょう。まず、面接を受ける姿勢はどうなのかと聞かれると、もしかしたらあまり良くないかもしれません。何故なら、今の私は就職出来るならばどこでもいいやと言う考えを持っているからだと思います。会社側からしてみれば、志があって、この会社にどうしても入りたいと考えている人に入職してもらいたいと思うはずです。ですが最近、自分がどんな仕事をしたいのか迷っています。その部分からもう一度考え直さなくてはいけませんね。自分のしたい仕事が出来る会社を探そうと思っています。将来の夢を考えると経営に興味があるので、それに繋がる様な仕事を探そうかなと最近考えています。

あまり落ち込まないようにして、次に進むようにしています

就職面接に落ちて落ち込んでいる私にいつも元気をくれる友人がいます。自分の合わない会社だったから縁がなかったのだよと言ってくれます。私にも確かに間違いはたくさんあると思います。私の面接を受ける姿勢もよくなかったと思います。でも、そのことばかりに囚われて前に進めないのも違うのかなと感じます。同じ失敗を繰り返さない為にも、自分でやりたい仕事が出来る会社を焦らないで探したいと今は感じています。前向きになるのは、どんな人も大変なことです。場合によっては落ち込んだまま何日も過ぎてしまうこともあります。そんな時、何かのきっかけで前に進むことが出来ればいいですね。別の誰かに声をかけてもらう人や自分自身で気持ちを切り替えて前に進める人、様々です。どんな大きな失敗をしても、いつまでもそのことで立ち止まるよりも前に進む努力が出来れば人はもっと強くなれますね。

まとめ

現在、就職活動に苦労している村上豊彦です。最近は、自分がやりたいことが何なのかを常に模索しています。やはり目的を持っていないで面接を受けると見抜かれますね。今は猫カフェ経営を夢見ているので、いつか自分の力になれる様に経営に勉強が出来る会社に勤めたいと考えています。ずっと面接で落ちてきて、ようやく何故悪いのかに気づける様になったのかなと思っています。目的を見つけたとしても焦らないで会社選びはしていきたいですね。