まさか、こんなに就職活動に苦戦すると考えていなかったのでちょっと疲れています。会社説明会に行くと、人気のある会社は人がたくさん集まりますが、名前の知られていない小さな会社は人が少ないように感じます。そういった会社の人は進んで話しかけてくれるので、そういう積極的な会社の雰囲気はいいなと感じました。自分のやりたい事とは違うことでも、迷っている場合は会社説明で仕事内容をしっかり聞いたほうが良いと感じます。

村上豊彦もぶち当たった就職活動

家に帰っても就職活動の準備に毎日追われています。履歴書や今度受ける会社の求人内容を確認して、会社にどれだけ興味があるのか志望動機なども考えておかなくてはいけません。大学へ入学した時は、まさか自分がこんなに就職活動に苦戦するとは思っていませんでした。今は、どんな方向の会社を選べばいいのかさえ分からなくなっています。皆さんも同じだとは思うのですが、どこでもいいと選んで後悔したくないので、結構しっかり悩んでいます。大学の友人の中でも決まり始めて流石に焦ってきました。村上豊彦は完全に就職活動の壁にぶち当たっております。なるべくストレスを溜めないように焦らない様にしていますが、面接を受けては落選していると大丈夫かなと不安が襲ってきます。国は内定率が上がっていると聞きますが、私にはそのようには感じません。もちろん、会社を選ばなければ内定はもらえるのかもしれませんが、今後どうしていくか改めて作戦を考えなくてはいけませんね。

説明会に足を運んでいて思ったこと

大学の友人と就職説明会へ行きました。多くの会社が来ていて、会社の方たちも自分の会社に興味を持ってもらおうと一生懸命説明をしてくれています。説明会を見てちょっと感じたのですが、人気のある会社と全然学生が行かない会社の差が激しいです。それでも、学生に話を聞いてもらおうと会社の方から声を掛けていて、なんて活動的な会社だろうと私はとても好感を持ちました。どちらかと言うと名前が知られている所よりも、小さくても頑張っている会社に今は惹かれます。私も有名な所ばかり面接を受けていました。ですが、最近就職活動をしていると地道な努力が必要とわかってきました。学生に自ら声をかけている会社こそ今の自分と重なって見えます。もちろんやりたい仕事をしたいのが前提なので、すぐ決める訳ではありませんが、視野を広くして会社説明会に挑むようにしたいと感じました。

しっかりと考えて会社を選ぶことが大切

選ばなければ就職はすぐ決まるのかもしれません。でも、大学で学んできてやはり自分の興味のある仕事をしたいと感じます。どこでも良い訳ではありません、しっかり会社を選ぶ事が大切だと私は思います。お給料や賞与、休日の取り方、福利厚生など基本的な情報はもちろん教えていただけますが、社内の雰囲気は言葉で読み取るのはとても難しいですね。会社の中の様子を説明だけではなく、動画で見せてくれる会社もあります。説明会でのスタッフの対応や言葉使いも気になるところです。新入社員で入った後の仕事の流れなども丁寧に教えてもらえるのかなど、入社したらなるべくは辞めないで頑張りたいので、とても悩みます。見なくてはいけない事が沢山ありすぎて、完璧に間違えないでここが良いと思える仕事に自分が就けるのか結構不安になってきました。

まとめ

就職活動の壁にすっかりぶつかってしまった村上豊彦、自分がやりたいと思える仕事に就けるのかとても不安に感じます。有名な会社は受ける人も多く、説明会でも多くの人がきます。ですが、学生からは人気が低いと感じる会社でも、自ら動いて学生に話しかけています。そういう努力をしている会社を見ていると就職活動で悩んでいる自分と重なって見えます。私はどちらかと言うとそういう会社に惹かれます。改めて自分が何をしたいのか考えてみます。